高齢者にとって必要な栄養素を多く含んでいる食品

高齢者にとって必要な栄養素を多く含んでいる食品

日本では高齢化が進んでいますが、年をとってもいつまでも健康で美しくありたいという願いは昔も今も変わっていません。

 

少々の無理をしても取り戻すことができたのは若い頃の特権かもしれません。
年齢を重ねたときには効率の良いものを取り入れることが重要になってきます。

 

病気には薬もたいせつですが、食品から多くの栄養素を摂取できるようにすることで、病気を防いだり健康的な肌を維持することができます。
日常的に摂取する食事に配慮することは、年齢に関係なく大事なことです。

 

では、どういった食品が高齢者にとって必要な栄養素を多く含んでいるのでしょうか。
人間の体も酸化することで老化が進んでいくと言われています。

 

酸化をできるだけ少なくすることが、若さを保つための秘訣とも言えます。
抗酸化作用のある食品として代表的なものは緑黄色野菜です。

 

βカロテンやビタミンCが体の中で起きる酸化現象を防ぎ、食物繊維が体の中をお掃除してくれる働きがあります。
トマトや赤ピーマン、ニンジンなどを、日常の食事の材料として使うことを心掛けましょう。

 

野菜の他にはフルーツにも抗酸化作用をする成分が見られます。

 

キゥイや柿にはビタミンC・葉酸・カリウムなどの他にフィトケミカルと呼ばれるような、さまざまな栄養成分が含まれています。
緑黄色野菜と同じように食物繊維も豊富です。
若さを保ち、美しく健康な肌を維持するためには、高品質のオイルも必要です。

 

オリーブオイル、とりわけエクストラバージンオイルと呼ばれる、オリーブから採取された油が有効です。
年をとったからといって、むやみに油を敬遠することは、かえって老化を進めてしまう原因になります。
ヨーグルトやチーズ、納豆や漬物なども腸内を健康に保つ働きがあります。

 

発酵食品は西洋でも東洋でも昔から良い食品として愛されています。
さまざまな食品を上手に摂取することで、知らず知らずのうちにからだ全体を健康に導きます。

 

笑いが病気に打ち勝つ力になるという研究も始まっています。
美味しく楽しく食べるということが一番大事なことかもしれません。