肌のために、クレンジングが必要なメイクを止めてみることも大切

肌のために、クレンジングが必要なメイクを止めてみることも大切

スキンケアというのは肌の調子を維持したり、改善するためのものですがその中でも肌へダメージを与えるケアというものがあります。

 

 

それはクレンジングです。肌に塗った油性の汚れであるメイクを同じ油性のクレンジングで溶かして落とすケアです。クレンジングには色々な種類がありますが、多くは界面活性剤を含んでいます。たまにメイクをしてクレンジングをする程度ならまだ良いのですが、毎日のこととなると肌へのダメージは大きくなります。特に濃いメイクほどしっかりとオイル系のクレンジングで溶かして落とすため、肌は乾燥しやすくもなります。薄いメイクなら乳液タイプのような洗浄力の弱いものでも落とせますが、メイクに合ったクレンジングを使っていないと、メイクが肌に残って色素沈着の原因にもなります。長年濃いアイメイクをしていると、メイクを落としたあともまるでアイシャドウを塗っているようなお肌になってしまうこともある程です。

 

 

クレンジングが肌へのダメージが大きい理由は、クレンジングでメイクを落としたあと、クレンジングの油分を落とすために洗顔をしなくてはいけないこともあります。ダブル洗顔することで肌へのダメージが大きくなってしまうのです。最近では1回で全て落とせてしまう万能クレンジングが販売されています。ジェルタイプのクレンジングは、従来の油分で油分を溶かすタイプとは異なり、吸着力のあるジェルがメイクや皮脂などの汚れを包み込んで取り除きます。

 

 

 

それでもウォータープルーフのメイク用品や目元の際にまで引いたアイラインなどは、うまく落としきれずにメイクが残ってしまうことがあります。目元などは皮膚が薄いため、メイクを続けると負担が大きくシミやシワの原因にもなってしまいます。

 

 

 

肌のことを思うのなら、まずはクレンジングが必要なメイクを止めてみることも大切です。ミネラルで作られたファンデやアイシャドウなら、クレンジングではなくて洗顔フォームで落とすことができます。アイライン、マスカラなど落としにくいメイクは極力控えてナチュラルメイクをすることは、肌への負担も少なく美肌を維持するためにも重要です。しっかりメイクをして高いスキンケア用品を使うよりも、最初からナチュラルメイクを好んでシンプルなケアをしているほうが美肌の維持もしやすいのです。